動物取り扱い業 保管 第1083017号 動物取り扱い業 訓練 第1083018号
【平成31年1月21日まで有効】

シンシアペットクリニックロゴ

シンシア・ペットクリニック

診察時間:9:00 〜 12:30 /16:00 〜 19:00 年中無休

0745-33-6789

時間外緊急ダイヤル

PCサイト

スマホサイト

各種予防


  • TOP
  • 狂犬病

矢印

狂犬病

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬には年1回の狂犬病予防注射の接種が義務付けられています。

狂犬病について

犬狂犬病になるとどうなる?

発病するとほぼ100%死亡する極めて危険なウイルス性疾患です。
※人を含めたすべての哺乳類が感染します。

犬狂犬病はどんな症状?

ウイルスは傷口近くの神経を伝って脳へ侵入し、興奮・麻痺・けいれん等の症状を起こします。

犬どういった経路で感染するの?

狂犬病を発症した動物の唾液中にはウイルスがたくさん含まれており、咬まれたときの傷口から感染することが多く、他に傷口や目・唇など粘膜部を舐められたときにも感染する場合があります。

※犬だけでなく、猫・アライグマ・キツネ・コウモリ・リスなどから感染することもあります。

日本国内では昭和32年以降国内での感染はありませんが、海外からの犬の輸入は年々増加傾向にあることから、日本でも狂犬病発症の危険が無くなった訳ではありません。

予防注射はどこで受けられる?

毎年
4月〜6月、自治体が行っている集合注射会場にて集合注射を実施しています。
日時や場所は、お住まいの役所にお問い合わせ下さい。
当院
いつでも接種できます。お気軽にご相談下さい。